連合福岡第20回定期大会

西村 芳樹 新会長

議長団

ディーセントワーク世界行動デーの取り組み

団結ガンバロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10月27日(金)連合福岡第20回定期大会を開催しました。

 

 

 大会冒頭、連合福岡髙島会長は「働くことを軸とする安心社会を実現するため、この2年間の運動を総括し、次年度以降も連合福岡全体が一致団結して運動を進めて行きたい。」と主催者を代表して挨拶をしました。

 

 来賓では、連合本部より相原康伸事務局長、福岡県より大曲昭恵副知事、福岡労働局より野澤英児局長、民主党福岡県連総支部連合会より吉村敏男代表代行、連合福岡議員懇談会より冨田会長にそれぞれご挨拶いただきました。

 

 議案は第1号議案から~第5号議案までが確認され、第5号議案の役員選出では、新会長に西村芳樹事務局長が選出されました。また、髙島喜信前会長をはじめ14名の役員が今年度で退任され、表彰が行われました。

 

 これまでのご尽力に心より感謝申し上げます。
 

 さらに、牛島青年委員長より「大会宣言」の提起、ディーセントワーク世界行動デーの取り組みが行われ、最後は西村新会長の発声による団結ガンバローで、閉会しました。