【南筑後】第88回メーデー 県を越えて熊本地震復興支援〜がんばろう熊本!九州はひとつ!〜

 南筑後地協は、熊本地震が発生して1年になることから、連合熊本・肥後有明地協と合同で4月29日、熊本県荒尾市のグリーンランドのレインボードームで第88回メーデー集会を開催しました。

 

88thminami①

 

 県を越えて連合の働く仲間や家族をはじめ、連合未加盟の仲間、地域の首長、各級議員・来賓などあわせて約3500人が集い、「私たちは震災を絶対に風化させない。絆を深めた仲間とスクラムを組んで被災地を全力で支え続けていく!」と誓い合いました。

 

 

 

 式典では「長時間労働の撲滅とワーク・ライフ・バランスの実現、とりわけ『過労死ゼロ』にむけた職場における様々な活動」などを盛り込んだ「長時間労働を是正する取り組み強化に向けた特別決議」をしました。

 

 さらに東日本大震災から6年、熊本地震から1年が経過した今なお多くの人たちが避難生活を余儀なくされていることを踏まえ「メーデー宣言」を採択しました。「巨大災害の経験により、私たちは『人と人』が支え合い、助け合わなければ生きていけないことをあらためて学んだ」とし「志を同じくするすべての働く者や生活者、関係団体やNPO・NGOと一つとなり、『働くことを軸とする安心社会』の実現に向けて、連帯を強化し全力を挙げる」などと確認しました。

 

 会場では震災復興支援募金への呼びかけにより、約3万6千円が寄せられ、南筑後地協 髙橋副議長から連合熊本 友田副会長へ贈呈されました。

 

 また「クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン」長時間労働の是正 フォトメッセージの取り組みに会場の多くの組合員、家族の方に協力してもらい、連合HPで全国に発信することができました。

 

 福引抽選会の後、肥後有明地協 古賀議長の団結ガンバロー」で締めくくりました。