【福岡】福岡地域労福協「働く人のライフサポート相談会」を開催

 福岡地域労福協は地域の働く人・生活者の福祉向上を目的に「労働祭り(メーデー)」「講演会・学習会」、「各種相談事業」等の労働者福祉事業をはじめ、「ふれあいナイター・サッカー」や「新年交歓会」等の交流事業、また、労働者福祉団体の社会的な役割として「列島クリーンキャンペーン」や「福祉募金活動」等の社会貢献活動まで、連合福岡地域協議会の各構成組織や労金・全労済等の労働者福祉事業団体の協力により、幅広い活動に取り組んでいます。

 

 特に「各種相談事業」は働く人・生活者の様々な不安や悩みの解決をはかり、健康で活き活きと働き暮らし続けるために重要な活動であり、引き続き、事業の充実と拡大が求められています。

 

 具体的には労福協が実施している各種相談事業をより多くの働く人や生活者に知ってもらうための広報・宣伝を強化するとともに、人々が頻繁に行き交う場所でより多くの人々に知ってもらう機会をつくるために「出張相談会」を実施することとしました。

 

 今回、初めての取り組みとなるため、会場についてはUAゼンセン・イオン九州労働組合さんの協力を得て、福岡市東区のイオンモール香椎浜店をお借りし、県労福協・ライフサポートふくおかと連携し、労働・生活(子育て・介護・消費生活・保険等)に関わる各専門相談員と弁護士による相談体制を整え、関係する資料を準備しました。

 

 実施当日の3月4日(土)は、午前中から掲示したポスター・チラシに足を止め見入る人も多く、労働問題や保険、相続・家庭問題などの相談を10時~16時まで受けました。初回の相談会でもあり件数は目標を下回りましたが、後日、地域労福協が行う「働く人のなんでも法律相談」の申込につながるなど、一定の広報・宣伝が図られたことは大きな成果となりました。

 

 引き続き、地域のすべての働く人・生活者の福祉向上につながる活動として、その充実と拡大に取り組んで行きます。