新年賀詞交歓会を開催

 1月10日(火)西鉄ソラリアホテルにおいて、2017年の始まりである、連合福岡・福岡県労福協共催「新年賀詞交歓会」を開催し、構成組織・来賓など合計159名の参加をいただきました。

 

 冒頭、主催者を代表し、あいさつした髙島 喜信会長は、「2017春季生活闘争」や「組織拡大」などについて力強い決意表明が述べられました。また、1月29日に迫った北九州市議会議員選挙にも触れ「我々の声を地域に届けてもらう議員を一人でも多く増やしていかなければならない。みなさんと共に闘い抜きたい」と組合員一人ひとりの協力をお願いしました。

 

 

 多数ご出席いただいたご来賓からは、小川 洋福岡県知事、辻田 博福岡労働局長、北橋 健治北九州市長、重光 知明福岡市経済観光文化局長、有馬 紀顕福岡経営者協会専務理事、の5名に代表してあいさつをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、許斐 元文副会長の「「酉」は「実る」ことを表した漢字であると言われています。2017年の酉年が、連合福岡や各構成組織の活動が実り多い1年となるよう共に頑張りましょう」という乾杯の発声により懇談が始まり、懇談の途中では、民進党福岡県連の各総支部長、民進党県政クラブの吉村敏男会長のあいさつをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に閉会のあいさつを九州労働金庫福岡県本部 梶原 正実本部長よりいただき、交歓会は終了しました。

 

 

 

 

 今年も連合福岡の諸活動に対しまして、ご理解・ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。