【北九州】2015~16年度政策制度要求 中間回答受ける

 連合北九州では、2年を1サイクルとして、政策委員会を中心に「2015~16年度政策・制度要求(9分野21項目)」を作成し、北九州市に提出しています。

 このたび、2月議会終了をもって、中間回答式が行われ、北橋市長より福島議長に中間回答書が手渡されました。

 

 内容については、今後、政策委員会を中心に検証してまいりますが、昨年12月に行った担当部局との意見交換会やこれまでの北九州市の対応からして、ほぼ納得のいく回答であると受け止めています。

 

 今年度、連合北九州では、北九州市内において日常生活で困っている問題等の改善を図ろうと、新たに「地域生活改善活動」の取り組みをスタートさせました。取り組みの初年度として大変ではありますが、連合北九州議員懇談会を含めたプロジェクトチームで協力しながら改善活動を進めてまいります。

 

北九州市 北橋健治市長(左)より、 中間回答書を受ける北九州地協 福島昭一議長(右)