【北九州】「災害時相互協力協定」を締結!

 

 大規模災害が発生した際に設置される「災害ボランティアセンター」について、速やかなセンター設置と円滑な運営による受入態勢の確立に向けて、関係機関・団体と常日頃からの連携・共同が不可欠であることから、北九州市社会福祉協議会より、連合福岡北九州地域協議会、北九州地域労福協に対して、「災害時相互協力協定」締結の要請がありました。

                

 連合福岡北九州地域協議会、並びに北九州地域労福協は、大規模災害時の「災害ボランティアセンター」の円滑運営を支援する目的に締結を決定。3月23日に締結式を行いました。

 

 今後の連絡会議は、4月以降に実施される予定となっています。